弁護士への依頼で楽に

過払い金請求をしたいと思った時、何の知識も持たない素人が消費者金融に対して連絡を入れたところで、取り合ってもらうことはできません。そのため過払い金請求は弁護士に依頼する必要があります。これには上記のように取り合ってもらえないといった理由以外にも、大きなメリットがあるのです。過払い金の返還請求について以前に支払っていた利息そのものは確かに本来であれば支払わなくてよかったものです。しかし過払い金の請求対象になってくるのは、これだけではありません。

利率が高かったために支払っていた利息については、今現在まで当時お金を借りていた本人つまり、あなたが消費者金融に対して貸しているといった状況になるのです。そのため、当然ですが過払い金請求の対象となっている当時支払った利息に対し、利息制限法による法定金利を加算しても良いわけです。これをしっかりと計算した上で返還請求を行ってくれるのは弁護士さんになります。敏腕な弁護士さんに相談することによって、こうした分までをしっかりと請求してくれるので、手元に戻ってくる金額は最終的に自分が支払いすぎた金利だけでなく、それプラス今現在までの利息制限法による利率計算をした金額となるのです。

すでに返済が終わっている物に対して今更アクションを起こしたくないと思っている方は、とても大きな損をしてしまう事に気づきましょう。過払い金請求については、借金を完済した翌日から数えて10年といった時効が定められています。そのため、この時効が過ぎる前に手続きを行わなくてはなりません。弁護士だけでなく司法書士であっても金額によっては応じてくれますので、どちらにしても弁護士などの専門家に一度相談してみることが大切です。

過払い金請求

今現在金融機関からお金を借りている方であっても以前借りていた方であっても、過払い金が発生しているようであれば必ず過払い金請求を行いましょう。過払い金請求を行うと信用情報に傷がついてしまうなどという説がありますが、これは全くの嘘です。過払い金請求を行ったからといって信用情報に傷が付く事はありません。ただし過払い金請求を行った会社の中ではブラック情報として登録される可能性があるため、同じ会社から再び融資を受けることは可能になるでしょう。

それでもやはり支払い過ぎていたお金を返還請求し、自分の手元に戻ってくるのはとても嬉しい事です。本来であれば支払わなくてよかったお金ですので、返還請求をする権利があるのです。また、今現在借金を抱えている方でも過去の過払い金請求を行うことによって、手元に戻ってきたお金の中から今現在の借金の返済をすることも可能になるでしょう。

過払い金請求については泣き寝入りをする必要などは一切ありません。ただし、素人が自分で返還請求を行えるわけではありませんので、プロに相談した上で手続きに関してもプロに任せるのが進める方法です。まずは相談だけでも受け付けてくれる弁護士などを探した上で、当時お金を借り入れていた状況を詳しく話してみましょう。

払いすぎかも

現在の消費者金融は利率に関して利息制限法による法で金利を守っているのですが、以前は守っていない消費者金融ばかりでした。そのため、数年前にある程度お金を借りてなおかつ返し終わっているという方の場合は過払い金が発生している可能性が高いのです。違法な金利を要求されてもお金を返さなければならないといった気持ちから、トータルで支払過ぎていた方が今でも支払いすぎた金利について返還請求を行うことができます。

この返還請求に関しては何度も前例があり、裁判所でも認められる内容となっています。もしかしたらグレーゾーン金利として支払いをしていたかもしれないと思っている方は、一度弁護士に相談する、もしくは当時借りていた金額と支払っていた金利を計算してみると良いです。また近年ではインターネット上で簡単に過払い金が計算できるツールなどがありますので、借りていた当時の情報がわかっているのであれば、このようなツールを使用してみましょう。その上で過払い金の発生しているのであれば、やはり返還請求を求めた方が良いです。

これまでには多くの方々が過払い金請求を行っていますが実際に手元に戻ってくるお金は思った以上に大きなものとなっています。平均して50万円以上といった過払い金が戻るケースがありますので、もしかして該当するかもしれないといった気持ちをお持ちの方は、是非とも一度チェックをしてみましょう。

消費者金融の利率

テレビのコマーシャルでも消費者金融に対する過払い金請求は頻繁に放送されています。この過払い金の請求というのはどんなものなのか、また過払い金の内訳というのはどうなっているのかなどについて、ご存知ではない方もいるようです。今まで一度も消費者金融でお金を借りたことがない方や、今現在消費者金融を利用しているという方の場合にはさほど心配することはありません。しかし5年、10年以上も前に消費者金融を利用していた方の場合には過払い金請求ができる可能性があります。

すでに支払いが終わっている場合であっても当時支払っていた利息の金額の中には金利を払い過ぎていたというケースがあります。この場合は過払い金請求を行うことができるのですが、自分で行っても取り合ってくれない場合がほとんどですので、弁護士への依頼をするというのが一般的です。消費者金融の利率というのは今でこそ14.8%などになっていますが、以前は出資法の上限ギリギリまでの利率を設定していた消費者金融がほとんどでした。実のところお金を貸すための金融機関には利息制限法が決められており、この利息制限法というのはトータルで10万円から100万円未満のキャッシングをこの場合18%を超える利息を設定してはならないという決まりがあります。

しかし前述の通り、この利息制限法には抜け道があり、出資法の上限金額である19.2%の利率まで引き上げている消費者金融が大半だったのです。利息制限法による法定金利から出資法の上限金利までの間はグレーゾーン金利といいますが、このグレーゾーン金利を支払っていた方は過払い金請求の対象になるケースがあります。