弁護士への依頼で楽に

過払い金請求をしたいと思った時、何の知識も持たない素人が消費者金融に対して連絡を入れたところで、取り合ってもらうことはできません。そのため過払い金請求は弁護士に依頼する必要があります。これには上記のように取り合ってもらえないといった理由以外にも、大きなメリットがあるのです。過払い金の返還請求について以前に支払っていた利息そのものは確かに本来であれば支払わなくてよかったものです。しかし過払い金の請求対象になってくるのは、これだけではありません。

利率が高かったために支払っていた利息については、今現在まで当時お金を借りていた本人つまり、あなたが消費者金融に対して貸しているといった状況になるのです。そのため、当然ですが過払い金請求の対象となっている当時支払った利息に対し、利息制限法による法定金利を加算しても良いわけです。これをしっかりと計算した上で返還請求を行ってくれるのは弁護士さんになります。敏腕な弁護士さんに相談することによって、こうした分までをしっかりと請求してくれるので、手元に戻ってくる金額は最終的に自分が支払いすぎた金利だけでなく、それプラス今現在までの利息制限法による利率計算をした金額となるのです。

すでに返済が終わっている物に対して今更アクションを起こしたくないと思っている方は、とても大きな損をしてしまう事に気づきましょう。過払い金請求については、借金を完済した翌日から数えて10年といった時効が定められています。そのため、この時効が過ぎる前に手続きを行わなくてはなりません。弁護士だけでなく司法書士であっても金額によっては応じてくれますので、どちらにしても弁護士などの専門家に一度相談してみることが大切です。